読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pirosikick's diary

君のハートにunshift

CentOS5.5へのNginxのインストール その2

その1はこちら。間違って古いNginx(0.7系)を入れてたみたいなのでもう1回挑戦。

ソースをダウンロード

ソースはこちらにあります。

$ cd /usr/local/src
$ sudo wget http://sysoev.ru/nginx/nginx-0.8.53.tar.gz
$ sudo tar zxvf nginx-0.8.53.tar.gz 

実行ユーザの作成

今回は実行ユーザを作成します。ngixというユーザとnginxというグループにします。

$ sudo groupadd nginx
$ sudo useradd -g nginx -d /var/empty/nginx -s /sbin/nologin nginx

「-s /sbin/nologin」と指定するとそのユーザではログインできなくなります。
「-d /var/empty/nginx」はホームディレクトリを/var/empty/nginxに指定しています。が、何のために/var/empty/nginxにするのかはわからないですw OpenSSHの実行ユーザもそこにホームディレクトリがあるみたいで、なんでだろうか?そのうち調べます!

コンパイル

$ cd nginx-0.8.53
$ sudo ./configure --user=nginx --group=nginx
$ sudo make
$ sudo make install

./configureでwarningが出たけど、makeはうまく行ったので問題なし!

起動

$ sudo sbin/nginx

例のテスト画面が出たので問題なさそう。

$ ps aux | grep nginx
root     26738  0.0  0.1  18688   576 ?        Ss   22:52   0:00 nginx: master process sbin/nginx
nginx    26739  0.0  0.2  19080  1380 ?        S    22:52   0:00 nginx: worker process

実行ユーザもちゃんとnginxになっておる。

停止

$ sudo kill `cat /usr/local/nginx/logs/nginx.pid`

問題なさそうです。OK